FFXI Garudaサーバーで活動中のタルタル&猫の日記です~。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SATAドライバをインストール用のCDに組み込んでみました。
色々なところで、様々なやり方が公開されています。
その方々と比べると、この記事は内容は薄いですし詳細な解説も行っていません、ご注意ください。
要は、自分のためのメモ的な扱いです。はい。

バックアップは大切ですよねの続きの記事って事になるのかな?

まずは、ターゲットとなる環境の確認。
Models : aopen AK86-L
SATA Chip : VT8237 SATA RAID Controller
SATA HDD : 日立の160G x1

予算の関係上、RAID構成ではありません。Channel 0のみ使用しています。

用意するもの。
WindowsXPのInstall用CD (Version2002, 初期のOEM版)
書き込み用のCD-R
VIA SATA Driver (via_sata_v4.30c.zip aopenのダウンロードセンターより)
SP+メーカー (A.K Officeさんの所で公開されています)

準備ができたら、作業に入ります。
[SATA(VIA)対応のWindowsXP bootable CDの作り方]の続きを読む
いま思い返せば、バックアップ用の予備のHDDがお亡くなりになったときに手を打っておけば。。。「そのうちバックアップすればいいや」なんて思っていたら、メインで使用しているHDDまでお亡くなりになりました(涙
データがすべて無くなってしまったのが、めちゃくちゃ大打撃です。
痛すぎです。

そのときの状況は、サポ無し【忍者】開店 ъ(`ー゜)を参照で。

そのあと、数年ぶりにFDDに電源を投入したら、吹きました。
正直、よく火災報知器が鳴らなかったもんだと。

で、SATAHDDしか手元になく…
FDDなしの状態なので、USB-FDDを頼ることに。


[バックアップは大切ですよね]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。